栗のベンチを仕上げ。甘さと渋さの絶妙のバランス。
0

    お店に並べてあった栗のベンチをお買い上げいただき、工場で仕上げの研磨、塗装をしました。

     

     

    サイズは幅1000mm、座面までの高さが400mmです。

     

    買ってくださったのは柏市にお住いの奥さま。兼ねてよりお店に展示してあるこのベンチをいつか買いたいと思っていらっしゃったそうです。ご来店いただいて、いかにこの栗のベンチが大好きかを語っていただき、たいへん嬉しく拝聴いたしました(*‘∀‘)

     

    この栗のベンチは1枚の大きな栗の板から作りました。座面、背もたれ、足、肘掛のどの部分にどの材を使うかにこだわって作ったベンチです。とくに座面と肘掛は総縮杢の部分を用いたこだわりの部位です。

     

     

    ▼座面(裏側)

     

    ▼ひじ掛け部分

     

    栗は色の渋さが特徴です。デザインは可愛らしく、材は渋く、甘くなりすぎない絶妙のバランスの一品。飽きの来ない色、形ですので、末永く楽しんでいただけると思います!

     


     

    木楽木工房、店頭在庫一覧で無垢板300枚の価格、サイズをチェック!

    木楽木工房ホームページはこちら

    ▼店内動画をチェック(音が出ます♪)

     

     

    最後にぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
    にほんブログ村

    | きらく もっこうぼう | クリ Chestnut | 08:34 | comments(0) | - |
    個性的なかたち、木目の栗無垢一枚板を納品
    0

      先日ご紹介した栗のテーブルをお客様のご自宅にお持ちしました。東京都日野市のお客さまです。

       

      サイズは、約長さ2200mm、幅80mm、厚み50个任后

       

      ▼写真は座卓用にセットしたところ。


       

      非常に個性的なかたちをした栗です。地面に立っていたときの姿を彷彿とさせるかたち。また、木目も非常に個性的で、一枚の板の中に、縮杢(ちぢみもく)、如鱗杢(じょりんもく)、蟹杢(かにもく)、皺杢(しわもく)が同居しています。すばらしい景色のある一枚です。

       

      ▼脚は天板と同じ栗で作った三点脚です。着色はしていません。クリの木本来の色と風合いがお楽しみいただけます。写真はリビングテーブル用にセットしたところです。

       

      ▼リビング仕様で天板とイスをセットしたところです。

       

      ▼裏も使っていただけるよう、木裏である裏面もきれいに仕上げました。手前の穴の部分がいい味になっています。

       


      ご夫婦は当店ホームページの在庫一覧をご覧になり、ご来店前から「この一枚」と決めていらっしゃしました。栗がお好きで栗の研究をし尽くしたうえでご来店いただきました。すごいです!

       

      この栗は宮城県栗駒山系に生える大木でしたが、実は、ご主人の生まれ故郷もそちらだとか。また、当店が原木を仕入れる吾野原木センターにもお仕事で関係があるとのことで、ご縁を感じずにはいられないお客様でした。偶然が重なった出会いでたいへん嬉しかったです。ありがとうございました。

       


       

      木楽木工房、店頭在庫一覧で無垢板300枚の価格、サイズをチェック!

      木楽木工房ホームページはこちら

      ▼店内動画をチェック(音が出ます♪)

       

       

      最後にぽちっとお願いします。

      にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
      にほんブログ村

      | きらく もっこうぼう | クリ Chestnut | 10:34 | comments(0) | - |
      栗の無垢一枚板のすばらしい木目
      0

        10年以上前に購入した栗で作った一枚板です。東京都日野市のお客様に買っていただきました。写真は表面を削ってきれいにしたところ。これから下地、上塗りと進みます。塗装前ですから、無垢板のまさに無垢の姿です。

         

        ▼こちらが表で

         

        ▼こちらが裏


        クリは固くて丈夫、腐りにくいのが特徴で、家の土台や枕木、尾瀬の木道、昔の学校の机などに使われてきました。こくのある風合いや木目の美しさから、今では銘木のうちに入ります。このように太い栗は銘木中の銘木です。


        ▼塗装後の写真です。クリは夏目と冬目がはっきり分かれる木、塗装したらくっきりと木目が表れました。

         

         

         

        ▼裏面の穴は埋めずにこのままの形を楽しまれるそうです。とても形のいいくぼみですから、きっとその方が良い机になると思います。

         

        納品が楽しみです!

         

         

        木楽木工房、店頭在庫一覧で無垢板300枚の価格、サイズをチェック!

        木楽木工房ホームページはこちら

        ▼店内動画をチェック(音が出ます♪)

         

         

        最後にぽちっとお願いします。

        にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
        にほんブログ村

        | きらく もっこうぼう | クリ Chestnut | 09:08 | comments(0) | - |
        クリの無垢一枚板テーブルを納品
        0

           栗の無垢一枚板を納品しました。両面ともにとてもきれいな無傷無欠点の一枚です。サイズは約1800mm×750mm。お客様がこんな大きなクリがあるの!?とびっくりされていました。

           

           

           どちらの面もお使いただけるよう、裏も表もきれいに仕上げました。お部屋の模様替えの際にはぜひ表裏を返しどちらの面も楽しんでいただきたいです。
           

          ▼足はケヤキの三点脚です。天板と色味のあるもので作りました。

           

           設置したのは新築のリビングダイニング。床、キッチン、壁の色をよく考慮してぴったりの板をお選びいただいたものだと感心しました。


           納品したときはまだ引っ越し荷物があふれかえっていましたが、テーブルが入ったとたんに、家らしく落ち着いた雰囲気に。


           クリはケヤキやクルミと同じように、使えば使うほど風合いの良くなる木です。これから、長い間お使いいただくうちに、ほどよく風合いが増し、アンティーク家具になってゆくでしょう。このクリはクリの中でも最上級ですから、とくにすばらしいアンティーク家具になること間違いありません。

           

           無垢のテーブルのためにペンダントライトが設置されていました。ライトの元、天然のテーブルで食べる夕食はさぞかしおいしいと思います。

           

          | きらく もっこうぼう | クリ Chestnut | 15:25 | comments(0) | - |