栃のお仏壇を納品しました。
0

    Please scroll down for English version.

     

     栃の無垢板だけで制作したお仏壇です。20年来お世話になっている木楽木工房の親方に買っていただきました。

     

     



     従来、お仏壇は黒や茶色など暗く重厚な色調のものが多く、国産材でしたら桑(クワ)、楡(ニレ)、欅(ケヤキ)、栓(セン)、外国材でしたら、紫檀(シタン)、黒檀(コクタン)、花梨(カリン)が多く使われてきました。それが、近年、このお仏壇のような明るい色調のものが好まれるようになってきています。木楽木工房が制作した栃のお仏壇はこれで5基目になります。

     本体には特に美しい栃板を、扉や引き出しの表面には栃のコブを板に製材したものを使用しています。また、引き出しのつまみは紫檀(シタン)、引き出しの中は桐(キリ)製です。釘も竹製のものを使用し細部にまで気を配った作りになっています

     


     このように無垢材だけで制作されるお仏壇は実は稀で、一般的には薄くスライスした板や木目をプリントしたシートを貼り付けたものが多くなっています。木楽木工房では無垢材のお仏壇を店舗にご用意しております。ぜひご来店いただきご覧になってください。

     

     Today we sold a Butsudan, a Buddhist altar with horse chestnut wood. Traditionally, dark colored Butsudan was popular but recently people like their Butsudan to be made with brighter colors of wood. This is the 5th horse chestnut Butsudan that have been bought at our shop.

     This Butudan was worked on in laborious detail. The body is built with a beautiful horse chestnut wood, the drawer is pawlownia, the surface of doors and drawers were made with sliced horse chestnut burl,  the tab of drawers were made of rosewood, and we used bamboo pegs instead of using nails.

     It is very hard to find quality Butsudan made from quality wood. Most Butsudan on the market is made from cheap, bleached wood with thin sheets of wood with a grain on the outside.

     We have other quality wood butudans at the store, so please come to see it!!

    | きらく もっこうぼう | トチ Japanese horse chestnut | 19:46 | comments(0) | - |