天板の仕上げ工程
0

    Please scroll down for English version.

    天板を仕上げる工程を、屋久杉の天板でご紹介します。

     

    木は生のままでは使えません。数年間、乾燥させたうえで、機械や人力で完全な水平になるよう調整します。

     

     

    さらに、割れや反りを防ぐために塗料を塗り重ねます。

    木楽・木工房では下塗り、中塗り、上塗りの三種類の塗料を塗ります。

    まずは、下塗り↓

    お店にあるのはここまでが終了した状態です。ご注文を受けてからお部屋に合わせて短くしたり、アレンジしたりしやすいよう下塗りで止めてあります。

     

    次に中塗りです↓

     

     

    最後に上塗りです↓

     

    それぞれの塗りは何度も繰り返してていねいに仕上げます。また、その都度、研磨もします。安心してお使いいただくために、目には見えませんが、ていねいに塗料を塗ったうえでの納品となります。

     

    ご紹介した屋久杉の天板は今週、納品しました↓

     

    脚も屋久杉です。豪華で安定感のある脚です↓

     

    This is the process of finishing table tops. We do step 1 to step 4 to prevent cracking and bending.

    【Step1, 1st photo】Sanding down the surface to a smooth finish.

    【Step2, 2nd photo】Apply base coat.

    【Step3, 3rd phoro】Apply middle coat.

    【Step4, 4th photo】Apply top coat.

     

    We made a delivery of this table top of Yakusima cedar this week. The legs were made of Yakushima cedar, too. It was a very gorgeous low table! 

    | きらく もっこうぼう | ヤクスギ Yakusima cedar | 20:01 | comments(0) | - |