輪切りの屋久杉テーブル&ケヤキの無垢一枚板テーブル
0

     輪切りの屋久杉テーブルをリペアを行ないました。

     

     もともと無加工でお使いになられていた無垢の輪切りです。今から50年前にご主人が購入されたもの。表面に大きな亀裂が入り、このままでは小さいお子さんが乗ったり、重い物を載せた際に真っ二つに割れてしまう恐れがありました。そこで、リペアのご依頼があったというわけです。

     

     これ以上割れが広がらないよう、補強のために天板の上面、全面に透明の樹脂を厚塗りし、その上からセラウッド加工を施しました。元の迫力を損なうことなく、ご覧のようにすばらしい出来栄えに仕上がりました。

     

     

     もとは座卓仕様の脚が付いていましたが、リペアを機にさらに15冂垢気鯊し、ソファー用の高さにしました。加工してさらに家具としての価値が高まったことは間違いありません。

     

    ▼グレードアップして戻ってきた輪切りテーブルにたいへん喜んでいただきました。


    ▲そして、さらに左奥に見えるのは同じ日に納品したケヤキの無垢一枚板テーブル。

     

     サイズは2100×80-110mm。個性的なかたちをした一枚です。表面には縮杢や珠杢が出ている希少な一枚。色、艶ともに一級品です。

     

    ▼脚材は同じけやきです。いつもの三点脚ではなく、H型式の脚です。

     

     天板を脚の上に載せるだけでテーブルのセッティング完了ですので、お部屋の模様替え時にはぜひ天板の裏面もお使いいただきたいです。

     

     屋久杉輪切りテーブルとケヤキのダイニングテーブルを一挙に納品するのはたいへんでしたが、ご家族の喜ぶ顔に疲れが吹き飛びました!
     

    ブログランキングに参加しました。ぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
    にほんブログ村

    | きらく もっこうぼう | ケヤキ Japanese Zelkova | 21:44 | comments(0) | - |