栗のベンチを仕上げ。甘さと渋さの絶妙のバランス。
0

    お店に並べてあった栗のベンチをお買い上げいただき、工場で仕上げの研磨、塗装をしました。

     

     

    サイズは幅1000mm、座面までの高さが400mmです。

     

    買ってくださったのは柏市にお住いの奥さま。兼ねてよりお店に展示してあるこのベンチをいつか買いたいと思っていらっしゃったそうです。ご来店いただいて、いかにこの栗のベンチが大好きかを語っていただき、たいへん嬉しく拝聴いたしました(*‘∀‘)

     

    この栗のベンチは1枚の大きな栗の板から作りました。座面、背もたれ、足、肘掛のどの部分にどの材を使うかにこだわって作ったベンチです。とくに座面と肘掛は総縮杢の部分を用いたこだわりの部位です。

     

     

    ▼座面(裏側)

     

    ▼ひじ掛け部分

     

    栗は色の渋さが特徴です。デザインは可愛らしく、材は渋く、甘くなりすぎない絶妙のバランスの一品。飽きの来ない色、形ですので、末永く楽しんでいただけると思います!

     


     

    木楽木工房、店頭在庫一覧で無垢板300枚の価格、サイズをチェック!

    木楽木工房ホームページはこちら

    ▼店内動画をチェック(音が出ます♪)

     

     

    最後にぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
    にほんブログ村

    | きらく もっこうぼう | クリ Chestnut | 08:34 | comments(0) | - |