一位の木で作る玄関ドア、ポプラの木で作るお部屋のドア
0

    【お知らせ】当店は通常どおり営業しております。建物の構造上、たいへん通気性の良い店舗となっておりますが、 ご来店に際しましては、お客様ご自身による体調管理、検温、 マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。


     

    玄関ドアとお部屋のドアを無垢板で作りたいとのご注文をいただきました。9月30日のブログでご紹介した千葉県松戸市のお客様からのご注文です。

     

    まずは、玄関ドアの制作の様子です。こちらは一位の木を使って作ることになりました。贅沢にこの2枚を使って作ります。


    一位は大木には育たない木です。にもかかわらず、2枚ハギでこの幅。しかも、欠点がなく、たいへん美しい。これほど希少な材はめったにありません。

     

    写真は表面をきれいに削っていちばん最初の下地を塗った状態ですが、オレンジがかった色合いと木目の素晴らしさはまさに一級品! 時間が経つにつれてこの色が更に深みを増して濃くなっていきます。

     

    一位の木という名前には高貴な由来があります。その昔、仁徳天皇がこの木で杓(しゃく)を作らせたところ、たいへん見事に仕上がり、その出来栄えに感動されたそうです。それで、当時の最高位の官位を表す「正一位」から、この木を「一位」と名付けられたとか。たいへん縁起の良い木としても知られています。

     

    そして、もう一つ、お部屋のドアになるポプラです。所々穴が空いた珍しい一枚板を使って制作することになりました。お店か
    ら持ってきて何も加工をしていない状態がこちら。

     

    これを見てドアにしようと選ばれたお客様の決断がすごい! まさに慧眼です。

    そして、こちらは下地を塗っているところです。刷毛の通ったところから深い光沢が現れます。

     

    ポプラの板はお客さまご自身も一緒に削られ、また、下地の塗装もされもはや我が子のように愛着が湧かれたようです。

     

    塗装後は板の空いている穴に透明樹脂を流し込み、そこにお客様が持ち込まれたステンドグラスの端材を散りばめて入れることになりました。

     

    このように色々な色のガラスをグラデーションになるよう入れていきます。

     

     

    なんだかドアというよりアート作品といったかんじになりそうです。出来上がりが本当に楽しみです。

    今後のドアの制作工程の続きも第二弾として後々のブログでご紹介します。お楽しみに!

     

    (在庫番号 木37、木300 いずれも一位の木)

     

    木楽木工房(千葉県流山市駒木台217-3)
    090-7703-5538 大山

    店頭在庫一覧で無垢板300枚の価格、サイズをチェック!

    木楽木工房ホームページはこちら

    ▼店内動画をチェック(音が出ます♪)

     

     

    最後にぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
    にほんブログ村

    | きらく もっこうぼう | イチイ | 10:52 | comments(0) | - |